岩見沢のあの名物が、スイーツに!?

お知らせ
あの名物が・・・

岩見沢の名物と言えば何を思い浮かべますか?テレビにも度々取り上げられる、岩見沢のグルメを代表する、アレ。ふんだんに使用したスイーツがいよいよ登場です。

ありそうでなかった!名物「キジ」の卵を使用したプリンの開発。

以前からsorakaと交流のあった、きじ料理専門店「きじまるくん」から・・・「今年、キジの卵がたくさん増えすぎちゃって、やばいです!」と駆け込みが。
これまで、卵として活用する量はそれほど多くなかったようで、今年は事情でたっくさんの卵が産まれてきているんだとか。
最近では、「きじの親子丼」のテイクアウトを開始し、先日テレビでも紹介されたこともあって、なんと車の大行列!!さすがご当地グルメ!!

岩見沢名物のキジはこんな風に育てられています。

グレー色のキジのたまご。産みたてほやほや。

それでも、たまごがたくさん生産されてしまうという事で、考えたのがスイーツへの加工。
sorakaでは、小ロットでOEMも承っております。
特に、岩見沢の観光を盛り上げるような加工品は、ぜひ実現させたいという思いがあり、「やりましょう!」ということに。

キジ卵の濃厚さを活かすには・・・。

キジの卵は、ニワトリの物と比べてひと回りほど小さく、色がグレーとか茶色とか様々ですがアースカラーな卵です。殻も硬いのが特徴です。
そして、黄身が濃厚。くせや臭みもなく、とても食べやすい卵でした。
でも、くせがないからこそ、加工したときにキジ卵らしい特徴を出すのは難しい・・・。
牛乳との配合を何度も試しながら、試作を数回。プリン以外にも、焼き菓子でも試作を重ねましたよ。

きじたまごプリン、試作中。濃厚さはいかに?

たどり着いた味と目を引くパッケージ。

きじたまごの濃厚プリン

しっかり目のプリン生地が濃厚

試作、試食を重ね、検討した結果、キジたまごの濃厚さを最大に活かすための配合にたどり着く。通常、プリンに入っているカラメルソースを、いっそのことなしにして、キジたまご本来の素材の味をしっかり感じていただく仕様に決定!
そして、もちろん、ちゃんとおいしく、スイーツとしての存在感もあります。

パッケージ制作は、ご当地スイーツの発信も得意とする
㈱ZAWA.com様が手掛け、高級感がありながらも親しみやすいパッケージに仕上がりました。

岩見沢市民なら一度は食べたい濃厚プリン♪

岩見沢に住んでいても、実は「きじ」食べたことがない人も多いのでは?
珍しいキジ卵を使用した濃厚プリン。
今までになかったこのプリンは未知の世界かも?
手に取りやすいプリンをきっかけに、ぜひ岩見沢名物をお試しくださいね。

「宝きじの濃厚プリン」 1個400円(税抜

宝キジ濃厚プリンは、きじまるくんかsorakaでのお買い求めがお得♪

本日から販売開始です。
ちなみに、「きじたまごクッキー」の焼き菓子も近日販売開始!!
お楽しみに♪

お取り扱いは下記のところでお買い求めいただけます。

【お取扱店・お問い合わせ】
・「きじまるくん」 北海道岩見沢市日の出町604−番地1
0126-22-1441
http://www.seikyuen.jp/kijimarukun.html

 

・「patiserrie soraka」北海道岩見沢市6条西1丁目4番地3
0126-35-1945
営業時間 火~金 11:00~18:00
土日  11:00~16:00
休日 月曜

コメント

タイトルとURLをコピーしました